遊べる女性タイプは無限大!今も昔も風俗は吉原ソープが王道

サイトマップ
soapland

健康的に焼けた肌のソープ嬢と遊べる吉原

女性

風俗に通う男性は保守的な人が多いようで、その証拠に風俗嬢で人気のあるのは黒髪で清楚なタイプの女の子です。これは吉原のソープでも似たり寄ったりなのですが、その吉原には他の趣味を持っている男性に向けた一味違うソープが存在していることをご存知でしょうか。今回はそんなソープについてご紹介していきます。
吉原には肌がこんがりと焼けた黒ギャルに特化したソープがあります。ひと昔前は、ヤマンバギャルという言葉も流行ったように、日焼けサロンなどで肌を真っ黒に焼く女子高生が大量に出現していましたが、今ではすっかり絶滅危惧種です。この黒ギャル系ソープではそういった女の子たちと楽しく遊べるということで、日焼け肌の好きな男性はむしろこちらを選ぶ傾向にあります。
女性によって黒さはまちまちなのですが、どちらかというと小麦色の肌のほうが数が多いです。アメリカの女性もそのままの肌よりはちょっと焼いているくらいのほうがモテるのですが、ただ白いのではなくちょっと焼けているほうが、ビーチなどで太陽を浴びている場面を想像させ、健康的なイメージを持たせられるようですね。このイメージにたがわず、そのお店の女の子はノリが良くて、サービスも積極的なので、こちらも釣られて元気をもらえること請け合いです。

一流のマットプレイが楽しめるのが吉原のソープ

デリヘルと比べると、ソープは全国でも数が限られているため、利用したことがないという方も少なくないかと思います。しかし、せっかく風俗好きに生まれたのなら、一度くらいソープを利用しないと本当に風俗を楽しんでいるとは言えません。そこで今回は、ソープに行ったことがない人がまず利用すべき、吉原のソープランドについて説明していきたいと思います。
吉原のソープでは他の風俗店では味わえないこってりした性的サービスを受けることができます。ソープは特殊浴場と呼ばれていて、メインはお風呂を楽しむことが建前となっています。そのため、個室に入るとまずは女性に服を脱がせてもらい、お風呂のなかでイチャイチャすることができます。もちろんこれだけで終わってはつまらないですね。入浴で体をきれいにしたあとは、ソープの醍醐味であるマットプレイが待っています。これはお風呂の横にあるエアマットに男性が寝そべり、ローションまみれになった女性が体をこすりつけるサービスです。女性にとっては大変なのですが、男性は何もせずに深い快感を得られることもあって、ソープではいわゆるメインディッシュと言っても過言ではありません。ここで早々とフィニッシュを迎えても制限時間内なら何度でも挑戦することができるので、そうなったからと言っても焦らずに吉原のソープをじっくりと楽しみましょう。

巨乳美人と遊ぶなら吉原のソープ

吉原と言えば古くは遊郭があったところですが、現在ではソープランドに形を変えています。つまり昔も今も欲求不満に陥った男性の手助けをしているのが吉原なのですが、今回はその中でも安定した人気を誇るソープ店をご紹介します。
男性がソープ嬢に求めるものは人によってさまざまですが、やはりベタなところで行くと胸ではないでしょうか。若いころは言うまでもなく、年を取ってからでも巨乳女性が好きな男性は多く、女性の好きな体の部位でも、顔を除けば上位に来るくらいですからね。それだけ男性は女性に大きな胸を求めるのですが、吉原のソープではHやFカップといった、日常生活ではなかなかお目にかかれないカップ数の女性が当たり前であるかのように在籍しています。これは巨乳好きの男性なら行くしかありませんね。
胸があるということは、プレイにも幅が出るということです。例えばマットプレイになったときでも、ローションまみれのHカップの胸で優しくマッサージされたら、普通の倍は楽しめるでしょうし、他にも挟んでもらったりと、そこは思いつく限り、自由にやってもらえばいいと思います。
HやFカップというだけでも希少ですが、吉原のソープではプラスアルファで顔もかわいい子が揃っています。一生に一度は行ってみましょう。

記事一覧

TOP